AGA治療の流れについて

AGA治療は、まずは医師の診断を受けることが大切です。人それぞれ原因や進行状態などが異なるため、自分にあった治療法で治療をしなければあまり効果を理解することができません。
そのため、一度はしっかりと医師の診断を受けることが大切です。

一般的なAGA専門のクリニックで治療を受けた場合の流れとして、まずはじめに無料カウンセリングを行います。


カウンセリングでは、お悩みに対する適切なアドバイスを専門スタッフから行ってもらい、治療費や治療方法なども確認することができます。

お勧めの自毛植毛が最近こちらで話題になりました。

次に、診察を行い、AGA治療をする際に必要な情報を服用中の薬の有無や、血圧検査、採血によって、身体状況や処方に問題がないかなどを調べます。



血液検査では、不足しがちな栄養素を把握し、治療につなげることができます。


視診や触診では、頭皮の状態や治療経過を把握して、それに合った治療法を行います。視診では、マイクロスコープなどの機械を使って、頭皮の状態なども調べることになります。

触診では、髪の成長を妨げる原因となる血流の悪さなどが原因で起こる頭皮の硬化によって薄毛が進行していないかなどを調べます。



AGA治療では、それらの診察の結果を元に、プロペシアやミノキシジルなどが処方できるか判断し、問題がなければ処方することになります。


処方は通常1か月単位で行われることになります。

治療が始まった後は、髪の状態は変化していくため、定期健診によって不要なものと必要なもの、今後どうなるかなどを判断して、効果的な治療法を選択することになります。