AGAの人がAGA治療について知らない

薄毛・抜け毛に悩む人というのは多いものです。

薄毛や抜け毛というと男性だけの問題であって女性は関係ない、と思ってしまうこともありますが、近年、女性用の育毛剤や発毛剤が販売され、売れていることからも分かるように、薄毛や抜け毛に悩む人がいるというのは男女共通の悩みであるということもできるでしょう。



ですが、男性と女性とでは原因が異なります。

男性の場合は遺伝や男性ホルモンが影響していることも多いため、薄毛から髪が抜け落ちる脱毛症の症状に悩まされることも多くなります。



こうした部分的に髪が抜け落ちてしまう症状は男性型脱毛症と呼ばれ、額部分が広くなってきたり、頭頂部分に髪がなくなってしまうなどの酷い進行に悩まされることも多くなります。

一方、女性の場合は脱毛症になっても、ストレスによる部分的な円形脱毛症であったり、女性ホルモンのバランスの乱れにより一時的な抜け毛が原因であったり、進行はせず原因が改善されれば自然に治ったり、皮膚科による治療で改善していくことがほとんどです。

女性の場合は皮膚科の治療薬、処方箋などで対応できることもあります。



ですが遺伝や男性ホルモンが原因で進行していく男性のAGA・男性型脱毛症は放置しておくと進行していくので、専門医による治療が必要です。

AGAなのにAGA治療についての知識がないことで、市販の育毛剤、発毛剤を使い、一向に進行が止まらないケースというのも珍しくないので、AGAの人がAGA治療について知らないというのが問題であることもあります。
また、髪に良くないこととして食生活の乱れがありますが、それを知らない人もいるので、飲酒は控える、脂っこい食事は控える、代謝を良くしたり血の巡りを良くする健康的な食事を続けるようにするというようなこともAGA治療が必要な人は学ぶ必要があるでしょう。